手が大きいという悩みを美しく見せることで軽減!その方法とは

手が大きいという悩みを美しく見せることで軽減!その方法とは-1

手が大きいことが悩みの場合、なかなか解消するのは難しいと感じるでしょう。確かに大きいものを小さくするのは、なかなかできるものではありません。

しかし、手が大きいと感じる理由は単に長さだけではないでしょう。長さが変えられなくても、その他の方法で大きく見えることを軽減できる可能性があります。

そこで今回は、手が大きい人が小さく感じさせるためにできることをご紹介します。

手が大きいと感じるのは幅が原因?

手は人それぞれに指の長さ太さ、手の平の厚みや幅が違います。手が大きいと感じるのは、指の太さや手の平の厚みが原因という場合もあるでしょう。

指や手の平が大きく見えるのには、脂肪もあればむくみの可能性もあり、それが解消できれば大きいと感じなくなることもあると考えられます。

そのため、手の大きさを少しでも小さく見せるためにマッサージなどをしてむくみを改善してみるのはおすすめです。マッサージをすると余分な水分や老廃物が排出されるだけでなく血行促進になり、脂肪もたまりにくくなるとも言われています。

手の平や指の長さが変わらなくても、スッキリと華奢な印象になるだけで手の大きさを軽減できるでしょう。

爪の形を整える

手が大きい人は、できる限り小さく見せようと短く爪を切りそろえる人もいるでしょう。爪が長ければそれだけ大きく見えると考えるのが普通ですが、短くすることで逆に指の幅大きく見せ、その分手も大きく見えることがあります。

手の大きさを主張しないようにするには、爪長く見せるようなオーバル型に整えるようにするのがおすすめです。オーバル型は爪の中心が少し長めで指がほっそりと見え、柔らかい印象にもなります。逆に爪の先端を真っ直ぐに近い形に整えるスクエア型にすると、指先が短く太い印象を与えるため避けましょう。

また、甘皮の処理をしっかりとしておくことで爪が縦に長く見え、指が細く長く見えます。

手が大きいのを軽減するための指輪

手が大きい人は、指も大きめということがあるでしょう。少しでも華奢に見せたいと思えば、指輪は細めのものを選んでしまうかも知れません。しかし、小さなモチーフや華奢な指輪は、より手の大きさを目立たせてしまうことがあります。

手の大きさを軽減させるには程よいボリュームのある指輪、V字や柔らかなカーブのあるものなどがおすすめです。大きめの石が使われていたり、立体感のあるものなど、少し豪華な指輪を選んでみると良いでしょう。

指輪は自分の指だけを見て選ぶ人も多いですが、体全体を鏡に映してバランスを見るとより客観的に見ることができます。選ぶ時には、上半身だけでも鏡に写して確認できると失敗がありません。

手が大きいという悩みを美しく見せることで軽減!その方法とは-1

手の動かし方で小さく見せる

手が大きいことを悩む人は、他人からどう見られているかが気になることもあるでしょう。そのため、人にどのように手を見せるかでその悩みを少し解消することができるかも知れません。

手が大きい人が大きく手のひらを広げると、より大きく見せることになります。できる限り小さく見せるには手の指を開かず揃えて、手全体をコンパクトに見せると良いでしょう。

物の受け渡しや飲み物を持つ仕草も、このようなことを心がけると手が大きいという印象を与えずに済む可能性があります。上品な動きにも見え、一石二鳥です。

また、できるだけ手のひらから指先までを真っ直ぐに開くことは避け、いつでも少し丸みをつけた状態で手元をキープすると、実際よりも小さく見せることができるでしょう。

まとめ

手が大きいことは悪いことばかりではありません。人よりも指が長い可能性もあるため、しっかりとケアをしておけばきれいな手元に見せることも可能でしょう。

小さく見せる方法と共に手のスキンケアも行っておくと、自信が持てるのではないでしょうか。