のぼせるのは湿度や気温のせい?気になる前に対処する4つの方法

のぼせるのは湿度や気温のせい?気になる前に対処する4つの方法-1

のぼせると人は、拍数も上がり顔が赤くなり、血の気が多くなっていきます。お風呂に長時間入浴していた時に、のぼせる事がよくありますよね。人前で緊張してしまい、顔が赤くなってのぼせる事や真夏の炎天下にのぼせる経験をした方も多いのではないでしょうか。

のぼせる原因は、日頃から意識する事で予防ができるのです。のぼせることが事前に分かればいいのですが、こればかりは予測できません。今回は、のぼせる原因から事前に対処できる方法をお伝えしましょう。

運動しながら身体をほぐす

のぼせるのは、体の筋肉が固くなってしまったことが原因となり、体温が上昇したときにのぼせるのです。急に体が温かくなっても筋肉の一部が血液の流れを邪魔してしまうと、血の巡りも均等になりません。筋肉をほぐすと体の血流もよくなり、ホルモンのバランスも整っていくでしょう。

急に体を動かすと体調不良の原因になってしまいますので、10~15分くらいでできるウォーキングがおすすめです。始めは体を慣らすことからはじめましょう。少しずつウォーキングの時間を増やしていきながら、毎日15分くらいを目標に頑張りましょう。

マッサージは下半身や首回りを中心に

のぼせると、顔がむくんでしまうことがありますよね。これは、いわゆる「冷えのぼせ」といわれているものなのですが、男女共に起こりやすいのぼせる症状のひとつとして問題となっています。のぼせているのに、手足だけ冷たくなっている状態なので、「冷えのぼせ」と呼ばれるようになりました。

対処法として、日頃から肩や腰まわりのマッサージをお風呂上りに行うのがベストです。更年期に多くみられる症状と酷似しているので、溜まった老廃物を血液に流すように、しっかりと押し出すイメージでマッサージをしていきましょう。

規則正しい生活は必須条件

のぼせる原因に最も挙げられるのが、不規則な生活習慣です。体調不良を起こしやすい原因も、日々の生活の乱れからなのです。睡眠不足や不規則な食生活などは、のぼせる原因を自らが蓄積させながら作っているようなもの。自律神経が乱れてしまうので、どうしても体の一部に支障をきたしてしまうのです。

体のリズムを整えながら、高カロリーや添加物の多い食品を避け、ヘルシーな食事を心掛けるようにしましょう。睡眠時間も6~7時間は、最低でも確保できるような生活習慣を、身に着けていかなければいけません。のぼせることと関係がないように思えますが、身体的ストレスは知らないうちに蓄積されているため濃く密接しているのです。

のぼせるのは湿度や気温のせい?気になる前に対処する4つの方法-2

いつもリラックスできるように心掛ける

のぼせる時ほど、緊張感が高まっている状態ですよね。普段から、リラックスできるための方法を身に着けておくと、人前に出る時にのぼせる直前に対処できるでしょう。大きく深呼吸をすることや水分をとって冷静になる、直前まで大好きな音楽を聴いて心を落ち着かせるなど・・・。このように、いつでも瞬時にリラックスができる方法をいろいろ試しながら見つけていくと、あなたに合った独自のリラックス方法がみつかります。

意外と忘れがちなのですが、何かの症状が体の表面に起こる場合、心理的ストレスが原因ではないかともいわれているのです。このように、心の切り替え方法がみつかるだけで、のぼせることも少なくなり心理的不安も解消されていくでしょう。

まとめ

のぼせる原因はさまざまですが、日頃から体を柔らかくしておくことで、血流もよくなり身体的からのぼせることが少なくなるでしょう。極度の緊張も、リラックスができるイメージを繰り返すことで、徐々に消えていくことができますのでお試しください。

のぼせるような出来事に遭遇したときには、焦らず冷静に対処できるように、心も体も強くなれるように今から少しずつ鍛えていきましょう。