豆乳の栄養はお墨付き!加齢に負けない驚きの効果とは

豆乳の栄養はお墨付き!加齢に負けない驚きの効果とは-1

豆乳の栄養は、みなさんが知っている通り素晴らしい要素がたくさん凝縮されています。よく豆乳の栄養を特集する雑誌やテレビを目にする機会があるほどであり、毎日の習慣で豆乳を欠かさず飲んでいるという方もいることでしょう。

大豆から生まれた豆乳は、ここ最近再び注目されているものですよね。この豆乳には、とてもうれしい効果がたくさん詰まっているので、一度飲んだらその魅力にハマってしまうという方も多いのです。

豆乳の栄養には、どのような効果が隠されているのでしょうか。今回は、思わず豆乳が飲みたくなる!栄養の秘密についてお伝えします。

良質なたんぱく質の吸収率が高い!

豆乳の栄養といえば、やはりたんぱく質です。大豆を食べるよりも9割以上の確率で体内に吸収されやすいため、栄養価が高いと言われています。ですから大豆を食べるのであれば、豆乳を飲んだ方がイイ!という方も多いのです。良質なたんぱく質は、幅広い世代に必要な栄養素です。

いろいろな細胞に役に立っているのですが、特にサラサラの血液作りや体の調和を図るホルモンを作るためにも、豆乳の栄養分であるたんぱく質は重要な役割を担ってくれるでしょう。

コレステロールを下げる働きがあり

豆乳の栄養は、無駄がないと言われていますが、コレステロールを下げる役割もしてくれるのです。これには、高血圧で悩む中高年の方には、とても朗報といってもいいかもしれませんね。

大豆は植物なのですが、豆乳の栄養分であるたんぱく質は、動物性のたんぱく質にとても近い成分だと言われているため、肉類が苦手だという方や、加齢で油っぽい肉が受け付けないという方には、まさにおすすめなのです。コレステロールを抑えることができれば、高血圧などの成人病予防にもなりますよね。

また、豆乳に含まれている栄養素である脂質は、たんぱく質を含む食品の中でも低いという事も有名です。このため、余分な脂質を取らずに栄養補給ができるので、お腹周りのスッキリも期待ができそうです。

豆乳の栄養はお墨付き!加齢に負けない驚きの効果とは-2

髪にも潤い効果あり

豆乳の栄養は、体の内側だけの働きではありません。髪の毛の艶やハリも違いが表れてきます。アミノ酸も豊富な豆乳の栄養によって、髪の水分ケアまで保つことができ、外部に水分を放出することなく閉じ込めてくれるので、潤いのある髪質へと変化するのです。

いつものシャンプーだけでは体験できない、髪の喜びを知ることができるかもしれません。豆乳を飲むことでさらに髪がツヤツヤになると思うと、お風呂上りの一杯としてもおすすめです。髪だけではなく、潤いのある肌を作ることができますので、カサカサ肌やくすみがちな肌も改善できるでしょう。

お腹の調子が快腸に

豆乳に含まれる栄養分に、オリゴ糖が含まれていることをご存知でしょうか。大豆本来に含まれている食物繊維は、大豆の皮の部分に多く含まれていますので、豆乳にすると栄養分としてほとんどがなくなってしまいます。もしかして、豆乳では成分もイマイチなのでは?と考えてしまいますが、しっかりお腹もサポートしてくれるのが、豆乳の栄養が持つスゴイ力なのです。

毎日豆乳を飲むことで、腸内環境にも変化が生じます。溜まっていた老廃物を排除しようと奮闘してくれるため、お腹の調子も良くなる確率が非常に高くなっていくのです。

まとめ

豆乳の栄養は、原料の大豆とはまた一味違ったものになるので、大豆の魅力に目覚めてしまう方も多いことでしょう。豆乳は時間がないときにも手軽に飲めますし、飲みにくかった場合には料理の調味料代わりに使ってもいいかもしれません。

風味を変えて売っているので、お菓子作りの材料としてもおすすめです。手作りのあなただけの豆乳を作っても、さらに楽しみ方が違ってくるでしょう。これから先の健康な体を目指すために、コップ1杯の豆乳生活を始めませんか。